2022年は9月17日~19日開催予定

   

      ―   爆音映画祭2022in松本  -

          

       2022年9月17日(金)〜19日(祝)

     会場 まつもと市民芸術館 小ホール

                   〒390-0815   長野県松本市深志3-10-1

 監修boid 樋口泰人

   主催 NPO法人コミュニティシネマ松本CINEMAセレクト

 チケット発売は7月下旬を予定しています。

 

 ※ご来場・ご鑑賞の際は『マスク』などコロナ感染対策

   にご協力いただける方のみチケットを販売させていただきます。

上映決定予定作品 選定中

まつもと市民芸術館小ホール定員240名の処

各作品日時指定チケットを下記にて販売いたします。

※まつもと市民芸術館チケットセンターにて、

 一般前売券1,600円を20枚 学生券1,000円を20枚

※ネット『teket』システムにて

  一般前売券1,600円を100枚 学生券1,000円を30枚

※『学生』とは大学生以下全て、専門学生も含みます。

    入場の際必ず学生証を提示ください。

  確認が取れない場合差額を徴収する場合があります。

※ 特別料金の作品は上映作品が最終的に決定した時に詳細を発表します。

※特別上映の為、松本CINEMAセレクト会員割引、他各種割引はありません。

※チケットが完売の場合は当日券はありませんが、コロナ感染状況次第で各方面と  検討し、チケット販売数を定員の50%から引き上げる場合があります。

 ご了承お願いいたします。

※ご入場の際、検温、マスク着用、手先消毒、連絡先提出などコロナ感染対策に従      っていたたきます。

『t e k e t』 にてチケットを購入する方法   

『t e k e t』のチケットは、パソコン、スマートフォンからご購入いただけます。

『t e k e t』   https://teket.jp のトップページから 

  団体名の処に『松本シネマセレクト』 か 

 イベント名『爆音映画祭2022in松本』を入力検索

  後はサイトの指示に従って購入下さい。

 

 

teketで購入したチケットは、購入時に入力したメールアドレス宛にPDFチケットが送付されます。

また、会員登録をして購入した場合は、マイページのチケットリストでもチケットの確認ができます。

PDFチケットを印刷すると、紙のチケットとしてもご利用いただけます。

 

アカウント作成(ゲスト購入も可)

チケットを購入する際に、ログイン・会員登録をして購入、もしくは会員登録せずに購入することが可能です。

ログイン・会員登録をして購入された場合、チケットページにてチケットをご確認頂けます。

会員登録せずに購入された場合はチケット購入後にメールに添付されるPDFをお使いください。

 

お支払い

お支払いはクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners)もしくはコンビニ支払いがご利用頂けます。

〇チケット代金をクレジットカードで支払う

〇チケット代金をコンビニで支払う

※スマートフォン以外の携帯電話(フィーチャーフォン)は対応しておりません。

 

※お電話、メールでのお申し込みは承っておりません。予めご了承ください。

 

 

  

世界の中心へようこそ

 

気づいたら全国各地で開催されている爆音映画祭。

シネコンで開催されているものは基本的に全国一律なラインナップでお届けしているのだが、各地の公共施設などで開催されているものは、俄然主催者の意図が色濃く出る。

特に松本は徹底している。わたしはこれを上映したいし皆さんに観ていただきたいのだという意思が、そのラインナップに脈々と波打っている。主催者の生きてきたこれまでの人生がにじみ出ていると言ったらいいか。

わたしたちは映画を観ると同時に、それを見てきた主催者の、あるいは主催者とともにそれを見てきた世界中の人々の人生に触れるのである。爆音は、映画の音を増幅させる一方で、それによってその映画の外側へとわたしたちを導く。

つまり、それを見てきた人々の人生やこれから見るだろう人々の人生を、わたしたちは爆音上映される映画とともに生きることになるのである。

豊かさとはそういうことを言うのだと思う。1本の映画はその映画だけでできているのではない。

その果てしない広がりを全身で感じていただけたら。

その意味で、松本は世界の中心であると言ってしまっていいと思う。

                       爆音映画祭監修 boid 樋口泰人

                                                      (爆音映画祭 2019in松本開催時コメント)

 

 

爆音映画祭って何?

通常の映画館音響セッティングではなく、音楽ライブ用の音響セッティングをフルに使い、大音響の中で映画を見・聴く試みです。その爆音によって視覚までが変容して映画そのものが違って見えるくる。大音響でなければ聞こえてこない幽かな音を聞くという、大胆かつ繊細な上映となります。(爆音映画祭公式HPより)

 

爆音映画祭監修のboidの樋口さんが、まつもと市民芸術館小ホ-ル用に、1作品ごとに『音』を調整・作ります。ここで観る映画は、ここでしか観られない・聞けない唯一無二の上映になります。

樋口泰人

映画評論家 ロック評論家

1957年山梨県生まれ。1998年にboidを設立し、ビデオ、CD、書籍を製作販売。04年より吉祥寺バウスシアタ-で爆音上映イベント。08年より『爆音映画祭」スタ-トし現場に赴き監修をしている。18年にはロシアで開催。

特定非営利活動法人コミュニティ松本CINEMAセレクト

主催上映会にご参加の皆様へ

下記を必ずご一読ください。

 

松本市中央公民館Mウイング

まつもと市民芸術館

を会場に開催される上映会は各施設の管理者より参加者の『名前・連絡先』の管理をコロナ感染対策の一環として(クラスター発生時連絡が取れるように)求められています。

 

入場の際最低限の個人情報を用紙に御記入をしてください。

 

名前と住所 か  名前と連絡が取れるところの電話番号

 

記入された用紙は上映開始と共に封印、三週間鍵のかかるところで

当法人理事長 宮嵜善文が管理致します。

三週間後自宅で焼却します。

 

上記の趣旨に対して拒否なされる方のご入場はお断りいたします。

 

すでに前売券をお求めの方で個人情報提出を拒否なさる方は、払い戻しを致します。電話・メール・郵送にてご連絡ください。