爆音映画祭

      2018in松本

詳細は 

ここをクリック

12月7日から9日

まつもと市民芸術館にて

全13作品上映

11

 

『きみの鳥はうたえる』

 

 

11月16日(金)19:00

         

 まつもと市民芸術館小ホール

 

 ゲストアフタ-ト-ク 三宅唱監督

監督 脚本 三宅唱

作 佐藤泰志

企画 製作 菅原和博(函館シネマアイリス)

 

キャスト 柄本佑  石橋静河

             染谷将太 足立智充

 

           製作年 2018年 製作国 日本 配給 コピアポア・フィルム上映時間 106

                                                   

 

 

『縄文にハマる人々』

11月17日(土) 

①14:30 ②16:30

まつもと市民芸術館小ホール

 

監督 山岡信貴 

ナレーション コムアイ

エンディングテーマ 森は生きている

出演 小林達雄 佐藤卓 いとうせいこう

             

 2018103分 配給 リタピクチャル

 

 

 

『いつも月夜に米の飯』

11月17日(土) 1900

まつもと市民芸術館小ホール

 

 

ゲスト アフタートーク 加藤綾佳監督

監督 脚本 加藤綾佳

プロデューサー 和田紳助

企画 直井卓俊

キャスト

 山田愛奈 和田聰宏

 高橋由美子 角替和枝

                                                  2018104 配給SPOTTED PRODUCTIONS

 

 

 

共催 茅野市民館指定管理者

                      株式会社地域文化創造

後援 茅野市 茅野教育委員会

『縄文にハマる人々』

 

11月25日()

 ①10:00 ②13:00

 

茅野市民館

長野県茅野市塚原一丁目1番1号

 

 

監督 山岡信貴 

ナレーション コムアイ

エンディングテーマ 森は生きている

出演 小林達雄 佐藤卓 いとうせいこう

             各回終了後山岡監督アフタ-ト-ク予定

              2018103分 配給 リタピクチャル

 

 

 

『危険な関係(1959)』

 

 

12月14日(金)19:30

         

松本市中央公民館

    Mウイング6階ホ-ル

 

監督 ロジェ・バディム

原作 コデルロス・ド・ラクロ

音楽 セロニアス・モンク

       バルネ・ウィラン

       アート・ブレイキー&

                 ジャズ・メッセンジャース

                                                            デューク・ジョーダン

キャスト

ジェラール・フィリップ ジャンヌ・モロー アネット・バディム

ャン=ルイ・トランティニャン

1959年 110分 フランス 配給セテラ・インターナショナル  日本初公開1961

ベルイマン生誕100年映画祭より

 

 『叫びとささやき』

 

 12月23日(祝・日) 19:30

 

松本市中央公民館

  Mウイング6階ホ-ル

 

             

 

40回アカデミー賞 撮影賞 1972年全米批評家協会賞 脚本賞・撮影賞

 1973年キネマ旬報 外国映画ベストテン第二位

 1973/スウェーデン/ビスタ/91

 出演:イングリッド・チューリン、ハリエット・アンデション、

       リヴ・ウルマン、カリ・シルヴァン

 撮影:スヴェン・ニクヴィスト音楽:F・ショパン、JS・バッハ

©1973 AB SVENSK FILMINDUSTRI

 

19世紀末のスウェーデンの大邸宅。優雅な生活を送る上流階級の3人姉妹と召使。4人の女性のそれぞれの愛と孤独、生と性の断片を強烈な赤のイメージで抉り出し、まさにベルイマン芸術のエッセンスが花開いた名作。トリュフォーが絶賛し、アメリカでのベルイマンの最大のヒット作となった。

 

『仮面/ペルソナ』

 

12月24日(振替休日)10:00

松本市中央公民館

   Mウイング6階ホ-ル

 

 

 

 

1966/スウェーデン/スタンダード/82

出演:ビビ・アンデション、リヴ・ウルマン 撮影:スヴェン・ニクヴィスト

©1966 AB Svensk Filmindustri

 2回全米批評家協会賞 作品賞・監督賞・主演女優賞

 

失語症に陥ったスター女優と、彼女を看病することになった看護婦。海辺の別荘でふたりだけで生活していくうちに、お互い自意識の“仮面”が剥がされ、溶け合い、交錯していく…。「映画」と名付けられる予定だった本作は、ベルイマンによる映画論だ。終生にわたるパートナーとなったリヴ・ウルマンとは、本作でベルイマンに見出され、以降共に傑作を生み出してゆくことになる。

  今年のクリスマスは

           この作品をプレゼント

 

『ファニ-と

   アレクサンデル』

 

 12月24日(振替休日)12:00

松本市中央公民館

   Mウイング6階ホ-ル

 

1982/スウェーデン=フランス=西ドイツ/ビスタ/311

 

出演:ベルニラ・アルヴィーン、バッティル・ギューヴェ、アラン・エドヴァル、エヴァ・フレーリング、グン・ヴォールグレーン 撮影:スヴェン・ニクヴィスト

 ©1982 AB Svensk Filmindustri, Svenska Filminstitutet. All Rights Reserved.

 

56回アカデミー賞 外国語映画賞・撮影賞・美術賞・衣装デザイン賞 

41回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞受賞

40回ヴェネツィア国際映画祭 国際批評家連盟賞

49回ニューヨーク批評家協会賞 外国語映画賞・監督賞

9回ロサンゼルス批評家協会賞 外国語映画賞・撮影賞

9回セザール賞 外国語映画賞

 

※上映にあたっては、

プロローグ+13話(168分)と45話+エピローグ(143分)の間に、

15分程度の休憩を挟みます。

 

劇場を経営する一族の2年間を、二人の幼い孫の視点を通して豪華絢爛に描き、ベルイマンをして「映画作りの面白さを味わい尽くした」と言わしめ、世界中で大ヒットを記録した集大成たる超大作。受難の旅を経た彼らの無垢な祈りは、生きとし生けるものすべての悲しみを包み込み、ファニーとアレクサンデル生の喜びに満ち溢れたこの上ない幸福なステージへと私たちを導くだろう。

 

*『ファニーとアレクサンデル』のみ特別料金 当日券のみ

 一般2500/大学2300/小・中・高1500/

 メンバ-一般2000/学生1500円夫婦

招待券・共通前売券・の使用不可 各種割引ありません。

 

1月4日(金) 調整中

まつもと市民芸術館小ホール

 

1月5日 Mウイング 夜間

 

特集

正月から

ちゃんと考えましょう。

 

1月6日 Mウイング 

時間調整中

 

 

1月11日(金) 19:00

まつもと市民芸術館小ホール

 

2018シネマセレクトアワ-ド

大賞 韓英恵さん

 

 

 

1月14日(祝)10:00

松本市中央公民館

    Mウイング6階ホ-ル

 

 

 

1月14日(祝)13:00

松本市中央公民館

    Mウイング6階ホ-ル

 

1月19日 芸術館 夜間

 

 

1月20日(日) 調整中

まつもと市民芸術館小ホール

 

2016年シネマセレクトアワ-ド

『三人三色賞』授賞 大野大輔特集

 

ゲスト 大野大輔監督

   &

    後日発表

 

 

 

 松本CINEMAセレクトアワ-ド

『3人3色賞』

 

2月11日(祝) 調整中

まつもと市民芸術館小ホール

 

同時上映

シンプルメン

 

以下、松本CINEMAセレクト主催上映開催予定日です。

松本市中央公民館Mウイングは、6か月先までの会場予約ですので、徐々に追加していきます。都合により変更の場合あります。ご了承下さい。

2019年 

2月3日 Mウイング

2月9日 芸術館 夜間

2月11日 芸術館 午後

2月24日 芸術館 午後

3月1日 Mウイング

3月2日 Mウイング

3月9日 Mウイング

3月10日 芸術館 午後

3月23日 芸術館 夜間

3月29日 芸術館 夜間