特定非営利活動法人コミュニティ松本CINEMAセレクト

主催上映会にご参加の皆様へ

下記を必ずご一読ください。

 

松本市中央公民館Mウイング

まつもと市民芸術館

を会場に開催される上映会は各施設の管理者より参加者の『名前・連絡先』の管理をコロナ感染対策の一環として(クラスター発生時連絡が取れるように)求められています。

 

入場の際最低限の個人情報を用紙に御記入をしてください。

 

名前と住所 OR  名前と連絡が取れるところの電話番号

 

記入された用紙は上映開始と共に封印、三週間鍵のかかるところで

当法人理事長 宮嵜善文が管理致します。

三週間後自宅で焼却します。

 

上記の趣旨に対して拒否なされる方のご入場はお断りいたします。

 

すでに前売券をお求めの方で個人情報提出を拒否なさる方は、払い戻しを致します。電話・メール・郵送にてご連絡ください。

アートシアター  あの頃のミニシアター作品

 

マイライフ・アズ・ア・・ドッグ

 

10月21(水) 19:30

まつもと市民芸術館小ホール

本編上映時間102分

※当日券のみ 一般1500円 会員通常

 予備校生。専門学校生、大学生以下 500円均一

   

 

 (c)1985 Svensk Filmindustri

シリアにて

 

10月24日(土)19:30

まつもと市民芸術館

本編上映時間100分

篠崎誠監督特集

 

10月25日(日) まつもと市民芸術館小ホール

共想(76分)1030~ 

            アフタートーク+短編(30分)=1256終了

②SHARING111分)1400~ 

            アフタートーク=1630終了

 

あれから(63分)1650~ 

                                 アフタートーク=1830終了

追加上映

黒沢清監督 ヴェネチア国際映画祭監督賞受賞記念

④ACTION  18:40~

黒沢清監督の短編映画「Beautiful New Bay Area Project」のメイキング

黒沢清を追ったドキュメンタリー。ドキュメンタリーなのに銃撃戦 が !

 

 

横須賀綺譚

 

10月30日(金) 19:30

まつもと市民芸術館小ホール

本編上映時間86分

 

 

サクリファイス

 

10月31日(土) 19:30

まつもと市民芸術館小ホール

本編上映時間77分

 壷井濯監督

 青木柚さん

 柗下仁美さん 副プロデューサー/撮影撮影)

 林海斗 副プロデューサー

アフタートーク予定

 

(C)2018立教大学映像身体学科/Recolte&Co.

一番地味な爆音映画祭

 

爆音映画祭in松本2020

 

11月13日(金)~15日(日)

  まつもと市民芸術館小ホール 

 企画運営 松本CINEMAセレクト  boid   

 

 

ロベール・ブレッソン監督特集

 

バルタザールどこへ行く

 

11月22日(日)13:30~

まつもと市民芸術館

 

本編上映時間96分

 配給:コピアポア・フィルム、lesfugitives

 

 

© 1966 Argos Films – Parc Films – Athos Films – Svensk Filmindustri

 

ロベール・ブレッソン監督特集

 

少女ムシェット

 

11月22日(日)15:30~

まつもと市民芸術館

 

本編上映時間80分

配給:コピアポア・フィルム、lesfugitives

© 1967 Argos Films – Parc Films

 

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人

 

「宮廷女官チャングムの誓い」のイ・ヨンエが、

「親切なクムジャさん」以来14年ぶりの映画出演の話題作。

 

11月23日(祝)10:30~

まつもと市民芸術館

本編上映時間108分 

 

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 

 

友だちやめた

 

11月23日(祝)13:30~

まつもと市民芸術館

本編上映時間84分 

今村監督と本田秀夫先生(精神科医)のト-クを予定しています。

 

 福間健二監督特集

 

11月28日(土)まつもと市民芸術館小ホ-ル

 

パラダイス・ロスト 106分 13:40~ 

 

急にたどりついてしまう 90分 15:40 ~

 

わたしたちの夏  89    17:25 ~

 

パラダイス・ロスト     19:10~上映後

福間健司さん アフタ-ト-ク

 

※ パラダイス・ロストは通常料金

  他は当日券のみ 一般1300円 大学生以下1000円

 

 

あの群青の向こうへ

 

12月19日 (土)13:30~

まつもと市民芸術館小ホ-ル

上映時間89分

配給 アルミード

松本市出身 廣賢一郎監督アフタ-ト-ク予定

今年の忘年会上映会は

『柳英理沙映画祭』に決まる予定です。 

 

12月19日 (土)夕方から夜の上映

まつもと市民芸術館小ホ-ル

 

生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭vol.1

 

12月26日(土)まつもと市民芸術館小ホ-ル

 

青春群像 14:00~

1953 年|モノクロ|107 分|出演:フランコ・インテルレンギ

                                                  アルベルト・ソルディ

故郷リミニを思わせる地方都市を舞台に、定職を持たずいい加減な生活を送る5 人の青年たちの彷徨と旅立ちの物語。自伝的要素の濃い作品として知られ、ヴェネツィア国際映画祭でサン・マルコ銀獅子賞を受賞、米国アカデミー賞でも脚本賞にノミネートされるなど、フェリーニが世界的に認められるきっかけとなりながらも、日本では『道』がヒットした後の1959 年にようやく公開された

 

魂のジュリエッタ 16:10~

1965年|カラー|144分|出演:ジュリエッタ・マシーナ、サンドラ・ミーロ、                                               マリオ・ピス

 

15 回目の結婚記念日を迎えたものの、夫の浮気に悩まされ、満たされない日々を送る平凡な主婦ジュリエッタ。ある占い師との出会いをきっかけに彼女の意識は日常生活から解放され、夢と現実を行き来するようになる。『8 1/2』の女性版とも言えるファンタジックな物語。フェリーニにとって長編としては初のカラー作品で、その効果を最大限活かした万華鏡のような色彩美が観る者を圧倒する。

 

8 1/2(はっかにぶんのいち)  19:00~

1963年|モノクロ|138分|出演:マルチェロ・マストロヤンニ

              アヌーク・エーメ、クラウディア・カルディナーレ

 

映画監督のグイドは、新作の構想を練るため温泉地へとやってくるが、一向に作業がはかどらない。次第に彼は過去と現在、現実と幻想の垣根を飛び越えていき…。盟友マストロヤンニがフェリーニ自身を思わせるグイドに扮して繰り広げられるめくるめく映像世界。あまりの奔放さ故、公開当時の観客、批評家は戸惑ったが、後の映像作家たちに多大な影響を与えるなど、その魅力は普遍的な輝きを放つ。

 

生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭vol.2

 

12月27日(日)まつもと市民芸術館小ホ-ル

 

道 10:00~

1954年|モノクロ|107分|出演:アンソニー・クイン、

                                      ジュリエッタ・マシーナ、リチャード・ベースハート

 

死んだ姉の代わりに、旅芸人ザンパノのパートナーとしてわずかな金額で買い取られたジェルソミーナ。度重なる暴力やサーカス団の男との出会いや別れを経験しつつもザンパノと行動を共にするジェルソミーナだったが、ザンパノは彼女をあっけなく捨ててしまう。ニーノ・ロータ作曲の哀切なメロディとともに、粗野な男と純粋な魂を持った女の心の旅が描かれるフェリーニの代表作。

 

甘い生活 11:30~

1960年|モノクロ|174分|出演:マルチェロ・マストロヤンニ、

                                                アニタ・エクバーグ、アヌーク・エーメ

 

ゴシップ紙の記者マルチェッロの目を通し、1950年代後半のローマを我が物顔で闊歩する上流階級、カトリック教会、知識人、芸能人たちの退廃的な生活を絢爛に描く。ヘリコプターに吊り下げられたキリスト像が上空を行く冒頭のカットから鮮烈なイメージ満載の、フェリーニ美学の頂点とも言える作品。本作でマストロヤンニが一躍スターとなった。カンヌ国際映画祭でパルムドール受賞。

 

フェリーニのアマルコルド 14:45~

 

1973 年|カラー|124 分|出演:ブルーノ・ザニン、マガリ・ノエル、

                                               プペッラ・マッジョ

フェリーニが幼少期を過ごした1930 年代のリミニでのエピソードをふんだんに盛り込み、家族やユニークな人々とふれ合いながら大人の世界を覗き込む少年たちの姿が季節の移り変わりと共に大らかに描かれる。原題は「私は思い出す(A m’arcord)」を意味するロマーニャ地方の方言からつくられた造語。70 年代のフェリーニ作品の中で特に人気が高く、4

 

度目のアカデミー賞外国語映画賞をもたらした。

    松本CINEMAセレクト名義

        いつの間にか30周年過ぎていたイベント(仮称)

 

映画ミーツ浪曲

 

詳細後日

1月10日(日)

まつもと市民芸術館

参考記事

 

浪曲映画――情念の美学〉「浪曲映画」の発見と再発見

:ユーロスペース・プロデューサー堀越謙三に聞く

 

 

ロイ・アンダ-ソン監督特集

 

1月24日(日)  まつもと市民芸術館

 

さよなら、人類

 

上映時間100分

 

配給:ビターズ・エンド

(C)Roy Andersson Filmproduktion AB

 

ホモ・サピエンスの涙

 

上映時間76分

 

配給:ビターズ・エンド

(C)Studio 24

2月11日(祝)& 2月13日(土) 松本市Mウイング

 

セルゲイ・ロズニツァ監督『群衆』特集 

 配給:サニーフィルム

 

Vol.1 国葬

 

上映時間135

 

(C)ATOMS & VOID

 

 

ソ連の独裁者スターリンの国葬を記録した貴重なアーカイブ映像を基に製作したドキュメンタリー。195335日、スターリンの死がソビエト全土に報じられた。その後リトアニアで、国葬の様子を捉えた大量のフィルムが発見される。200人弱のカメラマンによって撮影されたそのフィルムは幻の未公開映画「偉大なる別れ」のフッテージで、モスクワに安置されたスターリンの姿、周恩来ら各国共産党と東側諸国の指導者の弔問、後の権力闘争の中心となるフルシチョフら政府首脳のスピーチ、そしてヨーロッパからシベリアまで、国父の死を嘆き悲しむ数千万人の群衆の姿が鮮明に記録されていた。人類史上最大級の国葬の記録は、スターリンが生涯をかけて実現した社会主義国家の真の姿を明らかにする。

 

Vol.2  粛清裁判

 

上映時間123

 

(C)ATOMS & VOID

 

 

スターリンによって行われた約90年前の裁判の記録映像を基に製作したドキュメンタリー。1930年モスクワで、8人の有識者が西側諸国と結託してクーデターを企てた疑いで裁判にかけられた。これはスターリンによる見せしめ裁判で、撮影された法廷の様子はソビエト最初期の発声映画「13日(「産業党」事件)」となった。発掘されたアーカイブフィルムには、無実の罪を着せられた被告人たちと、彼らを裁く権力側の大胆不敵な姿が記録されていた。スターリンの台頭に熱狂する群衆の映像を加えて再構成し、権力がいかにして人を欺き、群衆を扇動し、独裁政権を誕生させるかを描き出す。

 

Vol.3 アウステルリッツ

 

上映時間94

 

(C)ATOMS & VOID

 

 

ホロコーストの現場となった元強制収容所を観光するダークツーリズムを題材に描いたドキュメンタリー。真夏のベルリン郊外。第2次世界大戦中に多くのユダヤ人が虐殺された元強制収容所の門に、群衆が吸い寄せられていく。辺り構わずスマートフォンで記念撮影をする人々、誰かの消し忘れた携帯からはベートーベンの「運命」の着信音が鳴り響く。戦後75年を経た現在、記憶を社会で共有し未来へつなげる試みはツーリズムと化していた。ドイツ人作家WG・ゼーバルトの同名小説に着想を得て製作。

以下、松本CINEMAセレクト主催上映開催予定日です。

松本市中央公民館Mウイングは、6か月先までの会場予約ですので、徐々に追加していきます。都合により変更の場合あります。ご了承下さい。