各作品 タイトルをクリックすると作品の公式サイトになります。

 

鉛筆と銃 

   長倉洋海の眸(め)

 

2月23日(祝)11:00

2月24日(土)11:00

まつもと市民芸術館小ホール

 

下記から前売券お求めになれます。

https://teket.jp/1841/31766

 

2023年製作/90分/G/日本

監督河邑厚徳 出演長倉洋海

 

(C)2023 アフガニスタン山の学校支援の会 ルミエール・プラス

 

 

ジャン・ユスターシュ映画祭

 

2月23日~25日  

 まつもと市民芸術館小ホール

 DCP上映

 

ジャン・ユスターシュ Jean Eustache

  19381130日、仏ジロンド県ペサックの労働者階級一家に生まれる。父は共産党員だった。両親の離婚後、母方の祖母に育てられ、その後ナルボンヌに住む母と暮らし始める。同地で電気工の職業適性証書を取得。57年にパリに出て、フランス国有鉄道の一般工員として働く。シネマテーク・フランセーズに足しげく通う映画狂でもあった。また59年、アルジェリアへの徴兵忌避で手首を切って自殺を試み、短期間精神病棟に送られた。カイエ・デュ・シネマ誌で秘書を務めていた妻ジャネット・ドゥロを介して、あるいはシネマテーク通いをつうじてジャン゠リュック・ゴダール、エリック・ロメール、ジャン・ドゥーシェ、ジャン゠ピエール・レオー、ポール・ヴェッキアリといった映画関係者と知己の仲となりロメールやドゥーシェの短編映画製作に参加。62年にはヴェッキアリの助力で、初監督作にあたる短編『夜会』(未完)を、翌63年に中編『わるい仲間』を発表した。67年にドゥロと離婚した後、交際した女性の一人フランソワーズ・ルブランとの関係に一部基づいた初の長編劇映画監督作『ママと娼婦』(73)で一躍国際的注目を集めるが、続く長編劇映画『ぼくの小さな恋人たち』(74)は興行的に失敗。以後は実験的な短編・中編映画、および記録映画のみを監督。815月にギリシャでテラスから落下、脚を骨折。残りの人生を脚が不自由なまま過ごすことになると知り絶望する。同年115日、パリの自宅で拳銃自殺を遂げる。  

 

2月23日各作品の前売券は下記にて販売中

https://teket.jp/1841/31919

 

2月24日各作品の前売券は下記にて販売中

https://teket.jp/1841/31920

 

2月25日作品の前売券は下記にて販売中

https://teket.jp/1841/31921

 

★招待券使用できません

 

『ママと娼婦』

2月23日(祝)13:00

2月24日(土)14:00

1973年/フランス/⽩⿊/219分 

 

出演:ベルナデット・ラフォン

        ジャン゠ピエール・レオー

        フランソワーズ・ルブラン

 

「ぼくの小さな恋人たち」

2月23日(祝)17:00

2月24日(土)19:00

1974年/フランス/カラー/123分 

 

出演:マルタン・ローブ

        イングリット・カーフェン

        ジャクリーヌ・デュフレンヌ

『わるい仲間』

『サンタクロースの眼は⻘い』

 

2月23日(祝)19:30

2月25日(日)10:30

 

悪い仲間

1963年/フランス/⽩⿊/39分  

 出演:アリスティド・ドメニコ

          ダニエル・バール

                            ドミニク・ジェール

『サンタクロースの眼は⻘い』

 

※『わるい仲間』に引き続き上映

1966年/フランス/⽩⿊/47分 

 出演:ジャン゠ピエール・レオー

         ジェラール・ジメルマン

         ルネ・ジルソン

 

彼方のうた

 

2月25日 13:30  

 

まつもと市民芸術館小ホール

 杉田協士監督

  アフタートーク決まりました。

前売券は下記よりお求めになれます。

https://teket.jp/1841/31922

 

監督杉田協士

出演:小川あん 中村優子 眞島秀和

2023年製作/84分/日本

配給:イハフィルムズ

 DCP上映

(C)2023 Nekojarashi Inc.

 

 

 

その鼓動に耳をあてよ

 

3月3日(日) 11:00~

 

 松本市エムウイング6階ホール

 

下記から前売券お求めになれます。

 https://teket.jp/1841/31939

 

監督:足立拓朗

プロデューサー:阿武野勝彦 土方宏史

 2023年製作/95分/G/日本

配給:東海テレビ放送

劇場公開日:2024127

 

(C)東海テレビ放送

 

風よ あらしよ 劇場版

3月3日(日) 13:00~

 松本市エムウイング6階ホール

 

下記から前売券お求めになれます。

https://teket.jp/1841/31940

 

演出:柳川強

原作:村山由佳

出演:吉高由里子 松下奈緒

       稲垣吾郎 永山瑛太

2023年製作/127分/日本

 

配給:太秦

 

ほかげ

 

3月16日(土) 13:15

     17日(日)   13:30

 

まつもと市民芸術館小ホール

下記から前売券お求めになれます。

 https://teket.jp/1841/31941

監督 脚本 撮影 塚本晋也

出演 趣里 森山未來 塚尾桜雅

       河野宏紀

2023年製作/95

配給:新日本映画社

  DCP上映

(C)2023 SHINYA TSUKAMOTOKAIJYU THEATER

 

 

 

76回カンヌ国際映画祭で審査員賞

 

枯れ葉

 

3月16日(土)①15:00

                 ②19:00

16日の前売券は下記からお求めになれます。

https://teket.jp/1841/32185

 

     17日(日)   10:00

17日の前売券は下記からお求めになれます。

https://teket.jp/1841/32187

 

まつもと市民芸術館小ホール

 

 

 

 

 

監督:アキ・カウリスマキ

出演:アルマ・ポウスティ ユッシ・バタネン ヤンネ・フーティアイネン

2023年製作/81分/フィンランド・ドイツ合作  DCP上映

配給:ユーロスペース

 

 

公開40周年を記念して作成された     DCPでリバイバル公開。

 

竜二

 

3月16日(土) 17:00

     17日(日)   11:40

まつもと市民芸術館小ホール前売は下記から前売券お求めになれます。

https://teket.jp/1841/32186

 

監督:川島透

原作 脚本:鈴木明夫

出演:金子正次 永島暎子

       北公次 桜金造

1983年製作/92分/日本

  DCP上映

配給:マコトヤ

助産所や自宅での出産を決めた4人の女性と、彼女たちをサポートする助産師の姿をとらえたドキュメンタリー。

 

1%の風景

 

3月20日(祝)10:30~

 

松本市エムウイング6階ホール

吉田監督

 オンラインアフタートーク予定

 

下記から前売券お求めになれます。

https://teket.jp/1841/32161

 

監督:吉田夕日

2023年製作/106分/日本

 配給:リガード

(C)2023 SUNSET FILMS

 

蟻の王

 

3月20日(祝) 14:00

松本市エムウイング6階ホール

 

 下記から前売券お求めになれます。

https://teket.jp/1841/32162

 

監督 ジャンニ・アメリオ

出演 ルイジ・ロ・カーショ 

       レオナルド・マルテーゼ

 

2022年製作/140分/イタリア

 

配給:ザジフィルムズ

(C)Kavac Srl / Ibc Movie/ Tender Stories/ (2022)

日本のパレスチナ支援団体

「パレスチナ子どものキャンペーン」

 勝手に支援上映 VOL,2

 

                      

傍観者あるいは

  偶然のテロリスト

 

3月30日(土) 10:30

まつもと市民芸術館小ホール

 

下記から前売券お求めになれます。

https://teket.jp/1841/32163

 

監督:後藤和夫

2020年製作/119分/日本

 配給:シネマハウス大塚

 

 「報道ステーション」のプロデューサーも務めてきた後藤和夫監督。映画館を作ったら次は映画を作りたいと考えた彼は、パレスチナを舞台に偶然にもテロリストになってしまった男の物語を構想する。そのシナリオのリアリティを検証するため後藤は、ロケハンを兼ねてかつて取材したパレスチナを再訪する。映画は、20年前に後藤が駆け回った紛争地帯の生々しい記憶と、現在のパレスチナ各地を歩く後藤の姿が交錯し、世界の紛争の根源地といわれるパレスチナの現状を通して、世界は傍観者のままでいいのかを問いかけていく。

※今回は黒字になった分を全額「パレスチナ子どものキャンペーン」へ送金致しますす。

カナザワ映画祭 2023 で行った海外作品一般募集企画「Choice of Kanazawa

有望なまだ発見されていない監督。初の試みにも関わらず集まった 80 作品。その中から選んだ優秀なラインナップを松本CINEMAでセレクトで上映します。ここでしか観られない作品群。作品提供 カナザワ映画祭 Cinemago

 

コール・オブ・

    ジ・アンシーン

Call of the Unseen

3月29日(金)15:30

3月31日(日)15:10

松本市エムウイング6階ホール

 スウェーデン 2022年|100分 |監督:ヘンリック・ピレルド

 自分の才能に自信が持てず人生に行き詰まった美大生は、「何か」に呼ばれて廃灯台のある島にたどり着く。 そこには人間以外の奇妙な住民たちがいた。 さらに謎の巨大遺跡も・・・。 モンスターたちの造形物、巨大遺跡の合成など特撮にこだわったヘンリック・ピレルド監督は本作で長編デビュー。 スウェーデン発の特撮ファンタジー作品。

蝉時雨

Song of the Cicada

 

3月29日(金)17:30

 

松本市エムウイング6階ホール

 

 

アメリカ 2022年|74分| 監督:アーロン・ワイス ロバート・ワイス

 テキサス州ガルベストンの海岸沿いの町で「死」に惹かれ奇妙な生活を送る葬儀屋デール・カーターの仕事とライフスタイルを10年かけて追ったドキュメンタリー。南部ゴシックを体現するような葬儀屋カーターの厳粛な遺体修復術の仕事や、彼が語る独特の哲学は観客も魅了するだろう。アーロン・ワイス監督、ロバート・ワイス監督はいとこ同士の監督。

アーリマン:デス・

    ビフォア・ダイング

Ahriman: Death Before Dying

 

3月29日(金)19:00

 松本市エムウイング6階ホール

 

オランダ 2022年|94分| 監督:マニ・ニックプール

 ギリシャの半神ペルセウス、ペルシャ帝国のキュロス大王、そして現代のアムステルダムでPTSDに苦しむ帰還兵として輪廻転生を繰り返し、破壊神アーリマンの影響から魂を守ろうとする主人公に救いはあるのか? ゾロアスター教の世界観をベースにイラン出身のマニ・ニックプール監督が壮大に描くSFファンタジー作品。

ザ・ボーイズ

 

THE BOYZ

 3月30日(土)14:30

 まつもと市民芸術館小ホール

 

 

カザフスタン 2022年|89分| 監督:アブデル・フィフティバエフ

 ボクシング、音楽、勉学とそれぞれの夢を追いかける十代の若者たち。 彼らは居場所が見つからず犯罪の世界に足を踏み入れるが、刺激的で楽しい瞬間も束の間、トラブルに巻き込まれてしまう。 果たして彼らは犯罪の道を抜け出し、居場所を見つけ成功できるのか・・・?

短編プログラム 計3作品  上映順番未定

3月30日(土)16:20 まつもと市民芸術館小ホール

Choice of Kanazawa BEST SHORT FILM

今昔鴉

 The Old Young Crow

 

短編プログラム①

 

 

イラン=日本=アメリカ 2022年|12分| 監督:リアム・ロピント

 東京に住むイラン人の少年がある老婆と仲良くなる。 その老婆の家に行っても誰もおらず、カラスに導かれて墓場に行くのだったが・・・。 流麗なアニメーションと絵本を実写と混じえて描く。 日本へも留学経験のあるリアム・ロピント監督は現在ニューヨークを拠点に活動中。

リプライズ

 Reprise

 

短編プログラム②

 

ドイツ 2021年|22分|

監督:ケンジ・ウエレット

 精神病院、映画撮影現場、それぞれの現実を飛び越し、ループしながら何が幻想か、何が現実かを探るジャンルを横断する実験的作品。 カナダ出身で現在はベルリンを拠点に活動するケンジ・ウエレット監督はピアニストでもある。

KARADA③

 

 

 

ベネズエラ 2022年|14分|

監督:オスカル・ロペラ

 老いた教授に、日本から買ってきた刀を土産に渡す女学生。 「これは偽物だよ」とやんわり教えてあげる教授だったが、その偽物の刀をきっかけに二人の関係が変化する。 現在、ベネズエラの美術大学で学ぶオスカル・ロペラ監督による二作目の短編。

アデュー、ゴダール

Adieu GODARD

3月30日(土)17:25

 まつもと市民芸術館小ホール

3月31日(日)17:10

松本市エムウイング6階ホール

 

インド=フランス 2021年|83分| 監督:アマルティア・バッタチャリヤ

 エロDVD視聴が唯一無二の生きがいの老人がいつものように村のビデオ屋でエロDVDを借りるが、その日は間違ってジャン・リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』のDVDが入っていた。 初めて見るゴダール作品に意味もわからず名状しがたい衝動を感じた老人は村でゴダール映画祭を開催すると無謀にも決意するのだったが・・・。 悲喜劇を交えた人間模様が抱腹絶倒のインド作品。

  Choice of Kanazawa BEST FEATURE FILM

キック・ミー 怒りのカンザス

 Kick Me

3月30日(土)19:00

 まつもと市民芸術館小ホール

 3月31日(日)13:30

松本市エムウイング6階ホール

 

アメリカ 2023年|86分| 監督:ゲイリー・ハギンズ

 主人公のスクールカウンセラーのオジサンが思いやりや優しさ善意を周囲に振りまくほど他人にトラブルや惨劇を巻き起こしていく悪夢のコメディ。 ゲイリー・ハギンズ監督が10年かけて製作した渾身の長編デビュー作品。

カンザスからゲイリー・ハギンズ監督来日。

      松本CINEMAセレクトだけアフタートーク登壇 (予定)

                    (C)Meconium Pictures / Cinemago

 

 

『戦雲』(いくさふむ)

 

3月31日(日) 10:30~

 

4月13日(土) 時間調製中

     

松本市エムウイング6階ホール

 

監督 三上智恵

プロデューサー 橋本佳子 木下繁貴

2024年製作/136分/日本

 

配給:イースターウィンド

 

◉X▷ @mikami_films

フェイスブック▷ mikami.films

 

4月6日(土) 調製中 

松本市エムウイング6階ホール

最悪な子どもたち

4月7日(日) 時間調整中

松本市民芸術館小ホール

 

監督: リーズ・アコカ ロマーヌ・ゲレ

出演:マロリー・ワネック

       ヨハン・ヘルデンベルグ

2022年製作/99分/フランス

配給:マジックアワー

(C)Eric DUMONT - Les Films Velvet

   上映決定 

 

      津島 福島は語る・ 第二章

 

 

4月7日(日) 時間調製中 松本市エムウイング6階ホール

 

監督、製作、撮影、編集:土井敏邦

音楽:李政美 音楽:武藤類子

 

4月12日(金) 調製中 

松本市エムウイング6階ホール

 

4月13日(土) 詳細調製中 

松本市エムウイング

        6階ホール

 松本出身 和田萌監督

ROPE上映とトークショー

 

4月14日(日) 詳細調製中 

まつもと市民芸術館小ホール

4月19日(金) 詳細調製中 

まつもと市民芸術館小ホール

 

王国

(あるいはその家について)

 

4月20日(土) 時間調整中

   

まつもと市民芸術館小ホール

草野なつか監督アフタートーク予定

 

監督 草野なつか

脚本 高橋知由

エグゼクティブプロデューサー

      越後谷卓司

出演 澁谷麻美 笠島智 足立智充

       龍健太

2018年製作/150分/日本

 

配給:コギトワークス

県内唯一 DCP上映

情報解禁前

松本出身の若手女優作品公開前先行上映

4月26日(金) 19::00

監督 俳優 舞台挨拶予定。 

まつもと市民芸術館小ホール

 

ノスタルジア 4K修復版

 

4月27日(土) 時間調整中

   

まつもと市民芸術館小ホール

 

5月10日(金) 調整中

   

まつもと市民芸術館小ホール

5月11日(土) 調整中

   

まつもと市民芸術館小ホール

5月24日(金) 調整中

   

まつもと市民芸術館小ホール

5月25日(土) 調整中

   

まつもと市民芸術館小ホール

 

徐々に追加していきます。都合により変更の場合あります。ご了承下さい。